入進学希望の方へ

  1. INDEX
  2. 入進学希望の方へ

入進学希望の方へPROSPECTIVE STUDENTS

専攻紹介

「バイオエンジニアリング」とは

バイオエンジニアリングは、工学系の他の分野と比べ一際新しい分野です。また、様々な既存の学問とリンクした、裾野の非常に広い分野です。バイオエンジニアリング専攻は、このように多岐にわたる学問を俯瞰的に学ぶことができる数少ない専攻の一つです。我々は、バイオエンジニアリングに関連する工学を基盤とする学術(メカノバイオエンジニアリング、バイオエレクトロニクス、ケミカルバイオエンジニアリング、バイオデバイス、バイオマテリアル、バイオイメージング)をシームレスに融合させることで、既存の概念にとらわれない新たな社会の実現を目指しています。 バイオエンジニアリング専攻では、この目標を達成させるために、
  • ①医療工学に関わるディシプリンを俯瞰的に学ぶと同時に、それぞれの専門性を深化させます。
  • ②医工学融合研究を行う世界中核拠点での研究を実践します。
  • ③産学協働を加速した実践的な研究を推進します。
誰もが安全に安心に高度な医療を受け,健康ではつらつとした生活を送ることができる社会を目指して、一緒にがんばりましょう。既存の成熟した分野でなく、まだまだ未成熟なこの分野で思いっきり勉強・研究して、この分野を開拓してみたいという思いのある人、大歓迎です。

【お知らせ】2022年度大学院入試説明会

2021年4月24日(土)に大学院説明会、5月30日(日)および6月12日(土)に入試説明会を、オンライン形式にて実施します。 詳細は随時更新していきますので、ホームページや 専攻Twitter Facebook などを適宜ご確認ください。日本語で行いますが、必要に応じて英語対応も致します。 お問い合わせは welcome-bioengineering-group@g.ecc.u-tokyo.ac.jp までお願い致します。


6月12日の入試説明会で出た質問に対する回答をこちらで公開しました。

5月30日の入試説明会で出た質問に対する回答をこちらで公開しました。

4月24日の大学院説明会で出た質問に対する回答をこちらで公開しました。

[2021.6.2更新] 当日の連絡先: welcome-bioengineering-group@g.ecc.u-tokyo.ac.jp

6月12日(土)開催のオンライン大学院説明会の参加申込フォームはこちら 本イベントは終了しました。
<当日のプログラム>(本イベントは5/30と同じ内容です)
15:00-16:00

  • 専攻長挨拶、専攻概要の説明
  • 入試要項の説明
  • 大学院生の声(3名の現役大学院生がライブ参加します)
    16:00-17:00
  • 研究室紹介(研究分野に分かれて各研究室の紹介を致します)
    また、その他にも「大学院生ルーム」と「留学生ルーム」も設置いたします。

    各グループ(各ルーム)には、以下の先生方が当日在室しております。ご参考下さい。
    【Group #1:バイオイメージング】
    佐久間一郎先生、高橋浩之先生、関野正樹先生、大野雅史先生、中川桂一先生
    【Group #2:バイオエレクトロ・メカノバイオエンジニアリング】
    田畑仁先生、廣瀬明先生、高木周先生、古川克子先生、原田 香奈子先生、松井裕章先生
    【Group #3:バイオデバイス】
    三宅亮先生、高井まどか先生、一木隆範先生、 野地博行先生、松永行子先生
    【Group #4:バイオマテリアル・ケミカルバイオエンジニアリング1】
    酒井崇匡先生、酒井康行先生、 伊藤大知先生、カブラルオラシオ先生、太田誠一先生
    【Group #5:バイオマテリアル・ケミカルバイオエンジニアリング2】
    鄭雄一先生、津本浩平先生、鈴木勉先生、山東信介先生、平林祐介先生、北條宏徳先生、黒田大祐先生、中木戸誠先生


    【Information】The entrance examination briefing of Department of Bioengineering

    2021.4.24(Sat), 5.30(Sun) and 6.12(Sat) Online briefings will be held.


    Q & A from the Online briefing on 2021.4.24 (Sat) is available here.

    Application Form of the briefing of the Department of Bioengineering (2021.6.12) is here. Please note that this event will be held mostly in Japanese; we can accept questions in English. There is also a presentation in English by an international student. This event has finished.


    <Program for June 12> The contents of this event will be the same as the one in May 30
    15:00-16:00
  • Greetings from Head & Explanation of the Department of Bioengineering
  • Explanation of entrance examination guidelines
  • Voices of graduate students (3 current graduate students will participate in live)
    16:00-17:00
  • Introduction of laboratories (each laboratory will be divided into five groups by the research field)
    You can also talk with graduate students in breakout rooms.

    The following professors will be present in each group (each room) on the day. Please refer to the following list.
    【Group #1: Bioimaging】
    Ichiro SAKUMA, Hiroyuki TAKAHASHI, Masaki SEKINO, Masashi OHNO, Keiichi NAKAGAWA
    【Group #2: Bioelectronics & Mechanobio engineering】
    Hitoshi TABATA, Dr. Akira HIROSE, Shu TAKAGI, Katsuko FURUKAWA, Kanako HARADA, Hiroaki MATSUI
    【Group #3: Biodevices】
    Ryo MIYAKE, Madoka TAKAI, Takanori ICHIKI, Hiroyuki NOJI, Yukiko MATSUNAGA
    【Group #4: Biomaterials & Chemical bioengineering 1】
    Takamasa SAKAI, YASUYUKI SAKAI, Taichi ITO, CABRAL Horacio, Seiichi OHTA
    【Group #5: Biomaterials & Chemical bioengineering 2】 Yuichi TEI, Kouhei TSUMOTO, Tsutomu SUZUKI, Shinsuke SANDO, Yusuke HIRABAYASHI, Hironori HOJO, Daisuke KURODA, Makoto NAKAKIDO
  • TOP

    【お知らせ】2022年度大学院入試の変更点

    受験生の皆さんへ

    2022年度大学院入試案内書を公開しました。

    2022年度大学院入試において、受験科目が変更される予定です。 以下、昨年度からの変更点を赤字で示します。 正式な情報については、5月末をめどに工学系研究科HP・専攻HPで開示しますので、確認するようにしてください。
    The examination subjects will be changed for the 2022 graduate school entrance examination. The changes from last year are marked in red below. The official information will be disclosed on the website of the Graduate School of Engineering and the Department of Bioengineering by the end of May. Please check the website.

    修士課程 Master course

    ・第1次試験 First examination
      出願書類に基づく選考
      Screening based on the submitted application materials.

    ・第2次試験 Second examination
     1. 一般教育科目 Regular education subjects
      「一般教育科目(数学)」、「一般教育科目(物理学)」、「一般教育科目(化学)」、「生命科学」のうちから2つを出願時に選択して受験すること。
      At the time of application, select 2 subjects to take for the exam (from mathematics, physics, chemistry, and life science).

    2. 外国語(英語)Foreign language (English)
      TOEFL または IELTS Academic の公式スコアレポートの提出。
      上記のうちTOEFL を推奨する。
      受験日(Test Date)が 2019年9月以降のスコアを有効とします。
      Submission of TOEFL official score or IELTS Academic official score.
      TOEFL is preferred among the above two scores.
      Students should submit an official score from a test administered in September 2019 or later.

     3. 口述試験 Oral examination
      本専攻に入学後に研究したいこと・大学院修士課程において身に付けたい能力やバイオエンジニアリングに関する基礎的な知識について、口頭試問を行う。
      Applicants will be asked about their motivation for future research, what they learn in the master’s course, and general knowledge of Bioengineering.
      *2022年度入試では、専門科目を廃止します。
      *Specialized subject is abolished in the 2022 Entrance Examination.


    博士後期課程 Doctor course

    ・第1次試験 First examination
      出願書類に基づく選考
      Screening based on the submitted application materials.

    ・第2次試験 Second examination
     1. 一般学術 Generality *1
      「一般教育科目(数学)」、「一般教育科目(物理学)」、「一般教育科目(化学)」、「生命科学」のうちから2つを出願時に選択して受験すること。
      At the time of application, select 2 subjects to take for the exam (from mathematics, physics, chemistry, and life science).

    2. 外国語(英語) Foreign language (English) *1
      TOEFL または IELTS Academic の公式スコアレポートの提出。
      上記のうちTOEFL を推奨する。
      受験日(Test Date)が 2019年9月以降のスコアを有効とします。
      Submission of TOEFL official score or IELTS Academic official score.
      TOEFL is preferred among the above two scores.
      Students should submit an official score from a test administered in September 2019 or later.
      *1 本学修士課程を修了したもの又は修了見込みのものについては、一般学術および外国語を省略する。
      *1 Those applicants who have graduated or will graduate from the master's course of the University of Tokyo may omit examinations of Generality and English.

    3. 口述試験 Oral examination
      本専攻に入学後に研究したいこと・大学院博士課程において身に付けたい能力やバイオエンジニアリングに関する基礎的な知識について、口頭試問を行う。
      Applicants will be asked about their motivation for future research, what they learn in the doctoral course, and general knowledge of Bioengineering.
      *2022年度入試では、専門学術を廃止します。
      *Speciality is abolished in the 2022 Entrance Examination.

    TOP

    【参考】これまでの入試説明会

    2021年度大学院入試説明会で使用した動画です。昨年度の入試案内はこちら


    TOP

    大学院入試説明会で過去にでた質問

     

    こちらも参照してください


    Q1 調査票(修士)の裏面に「卒業研究の内容」の記載欄があるが、卒業研究が始まっていない場合は何を記載すれば良いですか?

     

    A1 卒業研究に代わる課題研究、あるいは、入学後に研究したいことに関する事項等を記載して下さい(入試案内書内 入学志願者案内2.「B.口述試験」参照)。また、プレゼンテーション用のパワーポイント資料も上記に準じた内容で結構です。

     

    Q2 基礎科目中の試験科目の1つである「生命科学」について、 指定の教科書というものは存在していますでしょうか。

     

    A2 「生命科学」には特に指定の教科書は存在しておりません。

    (参考)東京大学教養学部(理科1類)学生は「生命科学 改訂第3版」(羊土社)東京大学生命科学教科書編集委員会/編 を授業で使用しています。

     

    Q3 大学院入試案内書の 「調査書(修士)」の中の配属系の選択で、「これら2つのうちから1つを選択して○で囲むこと」と記載されていますが、どういう意味でしょうか?

     

    A3 2つの系のうちから、1つの系を選択して○で囲んで下さい。という意味です。つまり、物理・電気・機械系を一括して○で囲むか、あるいは、化学・材料・生命系を一括して○で囲むか、2つの囲み方の、いずれかを選択して下さい。という意味です。(物理と電気の2つを○で囲む、という意味ではありません。)

     

    Q4 大学院入試案内書の「志望研究室のリスト」(修士課程用)で、両面に希望順位を書く事は出来ますか?

     

    A4 出来ません。物理・電気・機械系の中で志望順位を記入するか、 化学・材料・生命系の中で志望順位を記入するかの、いずれかを一方を選択して下さい。どちらに記入するかは、調査票(修士)の「配属系の選択」の欄で選択した系と合致していなければいけません。また、1位は物理系、2位は化学系、3位は・・・というように、混在して記入する事も出来ません。

     



    Frequently Asked Questions and Answers

     

    Q1: It is necessary to write a research summary of applicants’ graduation thesis on the back of Questionnaire Sheet for Master’s Course Applicant. What should I write if I haven’t started any research on my graduation thesis?

     

    A1: You could write either about your project studies that replace your graduation thesis or about what you would like to research after entering school. Power-point presentation could be prepared the same way as above.

     

    Q2: Are there any school-designated textbooks for “Life Science”, one of the Basic Subjects?

     

    A2: There are no designated textbooks in particular.
    c.f. Students from the College of Arts and Sciences use Life Science (Revised 3rd Edition) published by Yodosha.

     

    Q3: What do you mean by "Circle 1 out of 2 (Choice of group)" on the Questionnaire Sheet for Master's Course in the Guide to Entrance Examination?

     

    A3: It means you are required to choose one from two groups (“Physics/Electronics/Mechanicals Group” and “Chemistry/Materials/Biology Group” ) and circle it. Please make sure not to choose one from the same group.

     

    Q4: Is it possible to write my choice of laboratories on both “List(s) of supervising professors of your choice" on the Guide to Entrance Examination?

     

    A4: No. You are required to choose one from two groups( “Physics/Electronics/Mechanicals Group” and “Chemistry/Materials/Biology Group”) and fill out your preference from list of Supervising professor. The List you fill out must be of the same group you choose in "Choice of group" on the Questionnaire Sheet for Master’s Course Applicant. You should not choose Physics as your 1st choice, Chemistry as your 2nd, Electronics as your 3rd, for example.

     

    TOP

    出身大学一覧 (H18-H30)

    国内

      • 青山学院大学
      • 秋田県立大学
      • 茨城大学
      • 大阪大学
      • 岡山大学
      • 神奈川大学
      • 神奈川工科大学
      • 金沢大学
      • 九州大学
      • 京都大学
      • 京都工芸繊維大学
      • 熊本大学
      • 慶應義塾大学
      • 神戸大学
      • 静岡大学
      • 芝浦工業大学
      • 首都大学東京
      • 城西大学
      • 上智大学
      • 信州大学
      • 千葉大学
      • 中央大学
      • 筑波大学
      • 津田塾大学
      • 電気通信大学
      • 東京大学
      • 東京医科歯科大学
      • 東京工業大学
      • 東京電機大学
      • 東京農工大学
      • 東京理科大学
      • 同志社大学
      • 東邦大学
      • 東北大学
      • 東洋大学
      • 豊橋技術科学大学
      • 長浜バイオ大学
      • 名古屋大学
      • 奈良女子大学
      • 新潟大学
      • 日本大学
      • 姫路工業大学
      • 兵庫県立大学
      • 法政大学
      • 北海道大学
      • 明治大学
      • 横浜国立大学
      • 立教大学
      • 早稲田大学
      • 明石工業高等専門学校
      • 熊本高等専門学校
      • 沼津工業高等専門学校
      • 八戸工業高等専門学校

    海外 ※( )は出身学生の国籍

      • 北京航空航天大学(中国)
      • 北京化工大学(中国)
      • 中国地質大学(中国)
      • 中国科学院(中国)
      • 重慶大学(中国)
      • 大連理工大学(中国)
      • 華東師範大学(中国)
      • 華東理工大学(中国)
      • 復旦大学(中国)
      • 海南大学(中国)
      • 華中科技大大学院(中国)
      • 仁済大学校(韓国)
      • 吉林大学(中国)
      • 高麗大学校(韓国)
      • 慶星大學校(韓国)
      • 遼寧師範大学(中国)
      • 国立台湾師範大学(台湾)
      • 国立台湾大学(台湾)
      • 東北大学(中国)
      • 北京大学(中国)
      • ソウル大学校(韓国)
      • 上海交通大学(中国)
      • 上海理工大学(中国)
      • 上海師範大学(中国)
      • 上海海洋大学(中国)
      • 四川大学(中国)
      • 華南理工大学(中国)
      • 中山大学(中国)
      • 太原理工大学(中国)
      • 天津大学(中国)
      • 同済大学(中国)
      • 清華大学(中国)
      • 武漢理工大学(中国)
      • 西安交通大学(中国)
      • 延世大学校(韓国)
      • 浙江大学(中国)
      • Acharya Nagarjuna University(インド)
      • BAHCESEHIR UNIVERSITY(トルコ)
      • Clemson University(アメリカ)
      • Cooper union for the advancement of science and art(アメリカ)
      • Dordt College(アメリカ)
      • Ecole Centrale de Lille(フランス)
      • Ecole Dolytechnique Federale de Lausaie(スイス)
      • ECOLE POLYTECHNIQUE(フランス)
      • Florida International University(アメリカ)
      • Indian Institute of Technology Hyderabad(インド)
      • Institut Teknologi Bandung(インドネシア)
      • Jaipur National University(インド)
      • Jamia Hamdard(インド)
      • Kasetsart University(タイ)
      • KATHMANDU UNIVERSITY(ネパール)
      • King Mangkut's University of Technology Thonburi(タイ)
      • McGill University(カナダ)
      • Nanyang Technological University(シンガポール)
      • Polytechnic José Antonio Echeverría(キューバ)
      • PURBANCHAL UNIVERSITY(ネパール)
      • REYKJAVIK UNIVERSITY(アイスランド)
      • SABANCI UNIVERSITY(トルコ)
      • Simón Bolívar University (ベネズエラ)
      • SrinakharinWirot University(タイ)
      • SRM University(インド)
      • Suffolk University(アメリカ)
      • THAMMASAT UNIVERSITY(タイ)
      • The University of California Irvine.svg(アメリカ)
      • Universidad Complutense de Madrid(スペイン)
      • Universidad Sun Francisco de Quito(エクアドル)
      • Universidade Estadual de Maringá(ブラジル)
      • Universidade Federal de Juiz de Fora(ブラジル)
      • Universitas Gadjah Mada(インドネシア)
      • Université Paris-Est Créteil(フランス)
      • University College London(イギリス)
      • University of Brawijaya(インドネシア)
      • UNIVERCITY OF CAMBRIGE(イギリス)
      • University of Canterbury(ニュージーランド)
      • THE UNIVERSITY OF MALAYA(マレーシア)
      • University of Montpellier(フランス)
      • University of Montreal(カナダ)
      • University of Moratuwa(スリランカ)
      • University of oxford(イギリス)
      • University of the Philippines Diliman(フィリピン)
      • Wake Forest University(アメリカ)
      • Weizmann Institute of Science(イスラエル)

    TOP