専攻について

  1. INDEX
  2. 専攻について
  3. 専攻長あいさつ

専攻について OVERVIEW

理 念

バイオエンジニアリング専攻は、少子高齢化が進み、持続的発展を希求する社会において、人類の健康と福祉の増進に貢献することを目指します。本専攻では、この目的を達成するために、既存の工学及び生命科学ディシプリンの境界領域にあって両者を有機的につなぐ融合学問分野であるバイオエンジニアリングの教育・研究を推進します。バイオエンジニアリングの特徴は、物質・システムと生体との相互作用を理解・解明して学理を打ち立てるとともに、その理論に基づいて相互作用を制御する基盤技術を構築することにあります。生体との相互作用を自在に制御することで、物質やシステムは人間にとって飛躍的に有益で優しいものに変身し、革新的な医用技術が生まれることが期待されます。このようなバイオエンジニアリングの教育・研究を通じて、バイオメディカル産業を先導し支える人材を輩出するとともに、予防・診断・治療が一体化した未来型医療システムの創成に貢献することを誓います。
バイオエンジニアリングの教育・研究

TOP

専攻長あいさつ

田畑 仁
田畑 仁

 バイオエンジニアリング専攻が設立された2006年(平成18年)は、日本の65歳以上の人口率が世界最高に、15歳以下の人口率が世界最低になった年であり、メタボリックシンドロームが流行語のトップ10入りした年でした。そのような社会的背景のもと、超高齢化少子化と未病、健康寿命の延伸というまさに今日直面する喫緊の課題に対応すべく時代の要請により誕生した専攻です。
 学部までは自らのディシプリン(専門分野)において各々の工学分野の基礎を学び、その上にバイオメディカル分野を含む広い視点でバイオと工学とのつながりをとらえ、その学理の構築を目指す専攻としてバイオエンジニアリングが果たす役割は極めて大きいといえます。
 化学・生命、マテリアルといった化学領域と、機械、電気等の物理領域からなるディシプリンの縦軸と、デバイス、イメージングといった工学技術の横軸とを併せ学び習得することのできる専攻であり、バイオという重要な役割を担い、工学系研究科の医工連携の要として、その存在意義を有しています。
 特に医の分かる工学者として、医工学に軸足をおき、人体と物質・システムの相互作用の視点に立脚した教育プログラムを実践しています。これらの教育活動を通じて世界最先端医療システムの創出を持続的に牽引できる医工学専門家を輩出し、社会に貢献します。さらに医工学に密接した分野に限定されず、バイオと工学に関連したより基礎的、原理的な学理、基礎科学を追求することのできる専攻です。
 専攻創成期の10年を経て飛躍の10年となるよう、元号が平成から令和へと新しい歴史の扉が開かれたこの時代に、是非我々と共に次の世代を創っていきましょう。

TOP

教育プログラム概要

本プログラムは人体と物質・システムの相互作用の視点に立脚した以下3つの基本柱を実践します。
  1. ①医療工学に関わるディシプリンを整理、新たな医工学の学理体系と教育体制を構築します。
  2. ②最先端研究者が集い医工学融合研究を行う世界中核拠点を形成します。
  3. ③産学連携の場を提供して産学協働を加速した実践的な教育を推進します。
これらの教育活動を通じて世界最先端医療システムの創出を持続的に牽引できる医工学専門家を輩出し、社会に貢献します。

世界最先端医療システムの創出を持続的に牽引できる医療工学専門家の輩出

TOP