教員紹介

  1. INDEX
  2. 教員紹介
  3. 教員一覧
  4. 教員紹介

教員紹介FACULTY

一木 隆範 教授
野地 博行 教授
バイオデバイス
Biodevices
1分子計測技術と人工細胞リアクタで新しいサイエンスと技術イノベーション
本務先:応用化学専攻
  • [MAIL] hnoji@appchem.t.u-tokyo.ac.jp
  • [URL] http://www.nojilab.t.u-tokyo.ac.jp

研究室の目指すもの

私たちは、ATP合成酵素が回転分子モーターであることを世界で初めて実証して以来、そのエネルギー変換メカニズムの解明に取り組んでいます。この取り組みの中で、新しい技術も開発します。その一つが、大きさがミクロン単位で体積数フェムトリットルのデバイス技術です。これを用いて、バイオ分子を1分子ごとに数え上げる「バイオアッセイのデジタル化」を開発し、実用化を進めています。私たちは、まず好奇心に基づくサイエンスを極めます。その過程で開発した技術は必ず独自技術となります。その特性を見極め、これを皆が使える技術として結実させる。これが我々の研究室のコンセプトです。

研究テーマ

  • 回転分子モーターの1分子生物物理学研究
  • 超微小リアクタアレイを用いた1分子デジタルバイオアッセイ
  • 人工細胞リアクタを用いた機能分子スクリーニング
  • 自己複製能を有する人工細胞の創出

研究紹介

とことんサイエンス、そして新技術創出

研究概要

TOP