教員紹介

  1. INDEX
  2. 教員紹介
  3. 教員一覧
  4. 教員紹介

教員紹介FACULTY

光吉 俊二 特任准教授
光吉 俊二 特任准教授
バイオエレクトロニクス
Bioelectronics
道徳感情数理工学による「可塑性を持ったニューラルネットワーク」「人工自我」の研究、これらによるヒトの共感力と共感の範囲の定量計測と数理化
  • [MAIL] meome@coi.t.u-tokyo.ac.jp
  • [URL] http://meome.t.u-tokyo.ac.jp

研究室の目指すもの

道徳感情数理工学とは、医療分野で使われる「自我の力動モデル」と神経医学を基に、ここ数十年間変化しなかった従来のニューラルネットワークを新しい計算機科学として進化させる研究をベースとし、この新しいニューラルネットワークによりロボットやAIの意志(欲動・意欲)に超自我(モラル・道徳)による判断力を持たせ、これにより、ヒトの定性的情報を定量数理情報として共有し、共感力やその範囲の広さを道徳次元として定量計測する。

研究テーマ

  • 仮想自我のための可塑性ニューラルネットワークでの共感計測とロボティクスへの応用
  • 光吉演算子の計算概念を実現する相転移素子から構成される非ノイマン計算機
  • 光吉演算子のゼロ除算における位相転移創発と逆リーマン理論による量子コンピュータの解釈と相対性理論と量子論統一原理の証明

研究紹介

従来のノイマン型だけではなく非ノイマン型計算素子も含むような計算機を構築することによって、ヒトにはない発想や問題解決法を創発し得る人工自我システムを実現する

研究概要

TOP