教員紹介

  1. INDEX
  2. 教員紹介
  3. 教員一覧
  4. 教員紹介

教員紹介FACULTY

鈴木 勉 教授
鈴木 勉 教授
ケミカルバイオエンジニアリング
Chemical bioengineering
RNA生命科学と疾患の発症機構の研究
本務先:化学生命工学工学専攻
  • [MAIL] ts@chembio.t.u-tokyo.ac.jp
  • [URL] http://rna.chem.t.u-tokyo.ac.jp/

研究室の目指すもの

生命の発生や細胞の分化、複雑な精神活動に代表される生命現象は、遺伝子発現の微調節によって生じている。また、これら調節機構の破綻が、様々な疾患の原因になることが知られている。RNAはセントラルドグマの様々な過程において、 遺伝子発現を調節することでこれらの生命現象に深く関与している。当研究室では、分子生物学、生化学、分子遺伝学、分析化学、細胞生物学的なアプローチにより、様々な生命現象に関与するRNAの機能を明らかにすることを目標としている。

研究テーマ

  • RNA修飾の多彩な機能と生理学的意義
  • 遺伝暗号の解読とタンパク質合成
  • エピトランスクリプトームと高次生命現象
  • RNA修飾病の発症メカニズム

研究紹介

RNAが関与する遺伝子発現制御と高次生命現象の探求

研究概要

TOP