教員紹介

  1. INDEX
  2. 教員紹介
  3. 教員一覧
  4. 教員紹介

教員紹介FACULTY

長田 健介 特任准教授
長田 健介 特任准教授
バイオマテリアル
Biomaterials
遺伝子・薬剤を体内に運ぶナノ構造デバイス創製

  • [MAIL] osada@bmw.t.u-tokyo.ac.jp
  • [URL] http://www.bmw.t.u-tokyo.ac.jp/

研究室の目指すもの

高分子の自己会合プロセスを利用した薬剤および核酸デリバリーシステムを創製し、その治療効果を検証している。特に、会合体の構造形成プロセスに注目し、それを理解することによって構造形成を自在に操り、生体内で最高の機能を発揮させる構造体に制御することを目指している。なかでもDNAの折り畳み構造形成制御に基づく遺伝子デリバリーシステムの構築に強い興味を持っている。

研究テーマ

  • 精密合成高分子からの超分子構造体の創製
  • 遺伝子治療のためのナノ構造デバイス創製
  • DNAの折り畳みとその制御
  • がん標的治療のためのナノ構造デバイス創製

研究紹介

高分子集合体に薬物を内包し、安心・安全な高度医療の実現へ

【研究目的】

難治性疾患の治療や再生医療を実現するため、体内の狙った部位に薬物や遺伝子を送達し、必要な時に必要な場所で必要な診断や治療を行うナノデリバリーシステムの開発が必要不可欠である.細胞レベルでのナノ治療(セル・セラピー)を可能とするべく、精密にデザインされた合成高分子の自己組織化に基づいて生体適合性ナノキャリアを創製し、臨床応用を目指す.

研究概要

TOP