教員紹介

  1. INDEX
  2. 教員紹介
  3. 教員一覧
  4. 教員紹介

教員紹介FACULTY

大庭 伸介 特任准教授
大庭 伸介特任准教授
ケミカルバイオエンジニアリング
Chemical bioengineering
生体システムの理解と生理活性物質による再生療法の開発
先端医療工学を担う人材育成のための教育プログラム
  • [MAIL] soba@bmw.t.u-tokyo.ac.jp
  • [URL] http://www.tetrapod.t.u-tokyo.ac.jp/med/

研究室の目指すもの

遺伝工学・分子細胞生物学的手法を用い、器官形成特に骨軟骨発生を制御する生体システムを転写制御の観点から理解する。それをもとに、組織再生を誘導する生理活性物質の探索と、生理活性物質と生体とのインターフェースでおこる生体現象を明らかにし、生理活性物質による再生療法の開発を目指す。ゲノム・トランスクリプト―ム・プロテオームワイドなデータの取得とバイオインフォマティクスによる統合的解析を通じて、蛋白-DNA・蛋白-蛋白、あるいは生体と生理活性物質の相互作用を検証し、生体システムの包括的理解と再生医学への応用につなげたいと考えている。

研究テーマ

  • 骨軟骨発生を制御する転写ネットワークとその制御システムに関する研究
  • 幹細胞における転写ネットワークに関する研究
  • 組織形成を誘導する生理活性物質の探索と同定
  • 生理活性物質を搭載したバイオマテリアルによる組織再生療法の開発

研究紹介

研究概要

TOP