教員紹介

  1. INDEX
  2. 教員紹介
  3. 教員一覧
  4. 教員紹介

教員紹介FACULTY

伊藤 大知 准教授
伊藤 大知 准教授
ケミカルバイオエンジニアリング
Chemical bioengineering
臨床と連携した新たな医療材料・医療機器の開発
本務先:医学系研究科疾患生命工学センター/化学システム工学専攻兼務
  • [MAIL] taichi@m.u-tokyo.ac.jp
  • [URL] http://www.cdbim.m.u-tokyo.ac.jp/itolab/

研究室の目指すもの

新たな医療材料・機器開発を行います。アルギン酸、ヒアルロン酸、ゼラチン、アルブミンなどの生体高分子、樹状高分子などの合成高分子を出発物質に、injectableゲル・微粒子・不織布・スポンジなどを開発しています。臨床研究者との連携し、胃がん腹膜播種・中皮腫・肝硬変のドラッグデリバリーシステム(DDS)、骨・膵島の組織工学用スキャフォールド、癒着防止材・止血材・創傷被覆材などの医療機器への応用研究を行っています。化学工学と材料工学を両輪とし、臨床応用に向けて附属病院との共同研究を積極的に進めています。

研究テーマ

  • 新規医用in situ架橋ハイドロゲル開発と医療応用
  • マイクロカプセル・マイクロビーズの開発と医療応用
  • ナノ粒子の開発と医療応用
  • ドラッグデリバリー、再生医療、低侵襲治療

研究紹介

新たな医療材料・医療機器の開発

研究概要

TOP