教員紹介

  1. INDEX
  2. 教員紹介
  3. 教員一覧
  4. 教員紹介

教員紹介FACULTY

長棟 輝行 教授
長棟 輝行 教授
ケミカルバイオエンジニアリング
Chemical bioengineering
天然を超える生体分子、細胞を作り医工学分野へ応用する
本務先:化学生命工学専攻
  • [MAIL] nagamune@bioeng.t.u-tokyo.ac.jp
  • [URL] http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/nagamune/

研究室の目指すもの

分子認識能、情報伝達能など種々の機能を担う生体分子の機能単位を遺伝子工学、タンパク質工学、酵素工学、有機化学的手法により機能増強、機能改変する。さらに、これら機能単位を人工的に複合化することによって天然を超える生体分子、細胞を創製する技術を開発し、医工学分野への展開を目指している。

研究テーマ

  • 蛍光タンパク質標識抗体を用いた細胞内情報伝達過程の可視化技術の開発
  • 遺伝子機能、タンパク質機能の網羅的解析のための細胞マイクロアレイ技術の開発
  • 細胞機能を人為的に制御するための人工受容体の開発
  • 細胞表面修飾技術の開発と医療への応用
  • 組織工学のための細胞転写技術の開発

研究紹介

天然を超える機能を発揮する人工生体分子、細胞を作り医工学分野へ応用する

研究目的

本研究では生体分子の機能単位を遺伝子工学、タンパク質工学、酵素工学、有機化学的 手法により機能増強、機能改変、複合化することによって天然を超える機能を発揮する 人工生体分子を創製する。さらに、このような人工生体分子を用いて細胞の機能解析・制御を可能とするナノテクノロジー・材料技術を開発するとともに、新機能性細胞・細胞システムを構築し医工学分野に応用することを目指す。

研究概要

TOP