教員紹介

  1. INDEX
  2. 教員紹介
  3. 教員一覧
  4. 教員紹介

教員紹介FACULTY

上坂 充 教授
上坂 充 教授
バイオイメージング
Bioimaging
レーザー・ビームのバイオ医療イメージング・治療応用
本務先:原子力専攻
  • [MAIL] uesaka@nuclear.jp
  • [URL] http://www.tokai.t.u-tokyo.ac.jp/kiki/

研究室の目指すもの

超小型電子線形加速器(ライナック)・電子・レーザーコンプトン散乱単色硬X線源・レーザープラズマ加速器・フェムト秒電子・レーザー同期システムを開発し、高精度空間・時間分解能なバイオ・医療イメージングおよび治療システムを実現する。

研究テーマ

  • 先進医療用小型加速器開発
  • 超小型電子線形加速器(ライナック)
  • レーザープラズマ加速
  • ピンポイントセルセラピー
  • 薬品伝達システム・物理エネルギー融合技術
  • 医学物理

研究紹介

ピンポイントビームでミクロバイオプロセスを可視化する

研究目的

超小型電子線形加速器(ライナック)・電子・レーザーコンプトン散乱単色硬X線源・レーザープラズマ加速器・フェムト秒電子・レーザー同期システムを開発し、高精度空間・時間分解能なバイオ・医療イメージングおよび治療システムを実現する。一般に、放射線医療は深部治療が可能であり、副作用も少ないが、正常な組織の被曝が課題となっている。そこで、より効率的な化学放射線療法としてX線DDS(薬品送達システム)の研究を行っている。具体的には、高い原子番号を持った抗癌剤・造影剤を内包した薬剤を癌細胞へ輸送し、X線を照射することで、正常組織への副作用を低減する。本研究では、特にシスプラチンナノミセルと金コロイドPEGの物理的、生物学的な特徴を調べている。1mmのビームサイズのX線、陽子ビームを使った蛍光X線分析で、がん細胞へのDDS剤の取り込みが1mmの空間分可能で観察できた。また、アキュセラ(株)と共同で従来よりも小型の照射装置を開発している。さらに、呼吸による照射のずれを補正するために、肺の動きのシミュレーションや呼吸予測を行っている。

研究概要

TOP