教員紹介

  1. INDEX
  2. 教員紹介
  3. 教員一覧
  4. 教員紹介

教員紹介FACULTY

鷲津 正夫 教授
鷲津 正夫 教授
バイオエレクトロニクス
Bioelectronics
微細操作に基づいたバイオナノテクノロジー
機械工学専攻兼務
  • [MAIL] washizu@washizu.t.u-tokyo.ac.jp
  • [URL] http://www.washizu.t.u-tokyo.ac.jp/

研究室の目指すもの

1細胞・1分子のマニピュレーションの技術を、特に、誘電泳動や電気浸透など微細構造中での静電界を利用する方法を中心に開発するとともに、これを用いて、生体分子や細胞の計測・機能の制御・工学要素部品としての利用を探求する。

研究テーマ

  • DNAの分子操作と遺伝子解析への応用
  • DNAを利用した分子組立
  • ナノ・エレクトロポレーションによる細胞内物質導入と細胞応答解析
  • 微細構造を用いたバクテリアモーターの特性解析
  • 染色体DNAの高次構造と形態変換
  • 電気浸透流を用いたDNAの1分子操作

研究紹介

バイオマニピュレーションに基づいたバイオナノテクノロジー

研究目的

微細加工技術に基づいた1細胞・1分子のマニピュレーションの電気力学的技術を開発すると共に、これを用いた生体分子や細胞の計測・機能の制御・工学的要素部品としての利用を探求する。DNAの静電伸長固定と1分子解析への応用、パルス電界による細胞内への物質導入・細胞融合・細胞質移植などを通じて、新しいバイオテクノロジーの方法論を拓く。

研究概要

TOP