教員紹介

  1. INDEX
  2. 教員紹介
  3. 教員一覧
  4. 教員紹介

教員紹介FACULTY

田畑 仁 教授
田畑 仁 教授
バイオエレクトロニクス
Bioelectronics
ナノサイエンスによるバイオとエレクトロニクスの融合
電気系工学専攻兼務
  • [MAIL] tabata@bioeng.t.u-tokyo.ac.jp
  • [URL] http://www.bioxide.t.u-tokyo.ac.jp/index.html

研究室の目指すもの

機能性酸化物の特長の1つであるスピングラス、双極子グラス(リラクサー強誘電体)等の揺らぎ物性を活用して、生体に学ぶ”ゆらぎ”のエレクトロニクス(シナプス接合型メモリ等)を研究している。さらに、ボトムアップ&トップダウン融合ナノテクノロジーによる、ナノバイオ研究として、DNA分子の自己組織化、クローニング、イオンチャネルを利用した3次元ナノ構造制御によるバイオセンサ・デバイスの創製や、走査プローブ顕微鏡、テラヘルツ分光を用いたDNA塩基間水素結合やタンパク質-DNA結合の1分子スケール計測を目指した研究を行っている。

研究テーマ

  • ナノバイオエレクトロニクス
  • 生体に学ぶ”ゆらぎ”エレクトロニクス
  • 3次元プログラム自己組織化と階層制御による新機能創成
  • 表面科学的アプローチによる、ナノスケールでの分子認識機構の研究

研究紹介

酸化物&バイオ融合:バイオに学び、模倣し、活用するエレクトロニクス

研究目的

エレクトロニクスで培われた究極の微細加工技術、計測技術を用いて「バイオを学び」そして「バイオに学ぶ」エレクトロニクスに関する研究を行っている。ボトムアップとトップダウン融合のナノテクノロジーにより、3次元ナノ構造制御された半導体素子によるバイオチップ、ナノ薬理センサ開発や、幹細胞分化誘導の物理的手法による時空間制御に関する研究を進行中。ナノエレクトロニクス・ナノフォトニクスを応用した低・非侵襲診断治療システム・生体計測・制御システムの研究開発、テラヘルツ分光による水分子/水素結合の分光・イメージング技術に関する研究を実施している。

研究概要

TOP