教員紹介

  1. INDEX
  2. 教員紹介
  3. 教員一覧
  4. 教員紹介

教員紹介FACULTY

佐久間 一郎 教授
佐久間 一郎 教授
バイオイメージング
Bioimaging
生命科学の進歩を応用する先端精密診断治療メカトロニクス
医療福祉工学開発評価研究センター
精密工学専攻兼務
  • [MAIL] sakuma@bmpe.t.u-tokyo.ac.jp
  • [URL] http://www.bmpe.t.u-tokyo.ac.jp/

研究室の目指すもの

低侵襲で安全な治療を実現する精密標的治療のための治療支援メカトロニクスシステムの研究・病変部位の可視化・生体情報誘導により手術支援システムの研究、生体応答の人工制御による心臓不整脈治療の研究などを通じて、生理学、細胞応答などの生命科学的な知見に基づく、新たな診断治療用メカトロニクス(電子工学と機械工学の融合領域)の研究を行っています。

研究テーマ

  • 5-ALA誘導Protoporphyrin蛍光を用いた術中脳腫瘍同定を用いる脳外科手術用レーザアブレーションシステムに関する研究
  • 腹部低侵襲外科手術支援ロボットシステムに関する研究
  • MRI対応マニピュレータに関する研究
  • 整形外科手術支援ロボットシステムに関する研究
  • 不整脈の工学的解析と新たな治療技術開発に関する研究密機械工学、電子情報工学、計測工学、制御工学、医用生体工学を基礎として、近年進歩の著しい生命科学の成果を融合しつつ、人間の生命・生活を支援するよりよい医療を実現するための工学研究を行っている.

研究紹介

先端工学技術を応用した治療・診断の一体化により、体に優しい低侵襲治療を実現する

研究概要

TOP