在学生の方へ

  1. INDEX
  2. 在学生の方へ
  3. 講義案内

講義案内LECTURE GUIDANCE

医工共通教育プログラム (医科学修士講義 受講生募集)

 バイオエンジニアリング専攻では医工学連携教育プログラムの一環として、医学系研究科の医科学専攻の講義をバイオエンジニアリング専攻の修了単位として算入可能となっています。
 本教育プログラムは、将来工学と医学の懸け橋となり得る学生の育成の為、専攻の中でもトップレベルの学生の履修を期待しています。

詳細はこちら(募集要項) (講義日程表) 受講者の声
※平成31年度の募集は終了しました。次回募集は令和2年3月の予定です。

バイオエンジニアリング夏季実験(修士必修)

 自身が所属する研究室の研究領域以外の研究室で、基本的なバイオ関連の実験手技を学びます。
詳細はこちら(夏季学生実験要項)

専攻の学位,および修了要件

授与する学位は以下のとおり

  • 修士課程: 修士(工学)
  • 博士課程: 博士(工学)

修了要件(平成28年度、29年度入学者)

本専攻の所要科目は、「必修科目」「選択必修科目」「選択科目」とし、修了のための履修要件は、各コース別に次のとおりとする。

1.修士課程においては、「必修科目」から7科目15単位、「選択必修科目」から4科目7単位以上、「選択科目」から7単位以上を履修し、合計30単位以上を履修しなければならない。
2.修士課程英語コースにおいては、「必修科目」から5科目13単位、「選択必修科目」から4科目7単位以上、「選択科目」から10単位以上を履修し、合計30単位以上を履修しなければならない。
(Students are requested to obtain over 30 credits to complete the program. First, a minimum of 13 credits (5 lectures) must be acquired through the compulsory sobjects. Second, a minimu of 7 credits (4 lectures) must be acquired throught the semi-compulsory subjects. And third, a minimum of 10 credits must be acquired through the optional subjects.)
3.「選択必修科目」として、6分野の概論(メカノバイオエンジニアリング概論1(もしくは、Overview of Mechano Bioengineering 2)、Basic BioelectronicsおよびOverview of Bioelectronics、バイオデバイス概論1(もしくは、Overview of Biodevices 2)、Overview of Chemical Bioengineering、バイオマテリアル概論1(もしくは、Overview of Biomaterials 2)、バイオイメージング概論1(もしくは、Overview of Bioimaging 2)から4科目7単位以上を選択する。
但し、バイオエンジニアリング概論1E(Overview of Bioengineering 1)は6分野のいずれの講義としても読み替え可能。したがって、バイオエンジニアリング概論1E(Overview of Bioengineering 1)を読み替えとする場合には、「選択必修科目」は3科目5単位以上を選択すればよい。
4.博士後期課程においては、「必修科目」から4科目20単位を含め計20単位以上を履修しなければならない。なお、本学修士課程においてBioengineering exercise for social implementation 1を履修していない者は、博士後期課程において、Bioengineering exercise for social implementation 2を履修しなければならない。
また、本学、本専攻修士英語コース修了者に対してはバイオエンジニアリング演習第3を、Presentation and writing in bioengineeringと読み替えるものとする。
5.修士課程の「選択科目」のうち、人体形態学、人体機能学、病理生態学、臨床医学概論の4科目は、専攻内の選考を経て、履修承認される科目である。
6.修了要件に係る選択科目は、原則としてバイオエンジニアリング専攻の選択科目を推奨するが、特に希望のある場合、他専攻の科目も認める。ただし、自分の専門にかかわる科目でなければならない。

修了要件(平成30年度以降入学者)

本専攻の所要科目は、「必修科目」「選択必修科目」「選択科目」とし、修了のための履修要件は、各コース別に次のとおりとする。

1.修士課程においては、「必修科目」から7科目15単位、「選択必修科目」から4科目7単位以上、「選択科目」から7単位以上を履修し、合計30単位以上を履修しなければならない。
2.修士課程英語コースにおいては、「必修科目」から5科目13単位、「選択必修科目」から4科目7単位以上、「選択科目」から10単位以上を履修し、合計30単位以上を履修しなければならない。
(Students are requested to obtain over 30 credits to complete the program. First, a minimum of 13 credits (5 lectures) must be acquired through the compulsory sobjects. Second, a minimu of 7 credits (4 lectures) must be acquired throught the semi-compulsory subjects. And third, a minimum of 10 credits must be acquired through the optional subjects.)
3.「選択必修科目」として、6分野の概論(メカノバイオエンジニアリング概論1(もしくは、Overview of Mechano Bioengineering 2)、Basic BioelectronicsおよびOverview of Bioelectronics、バイオデバイス概論1(もしくは、Overview of Biodevices 2)、Overview of Chemical Bioengineering、バイオマテリアル概論1(もしくは、Overview of Biomaterials 2)、バイオイメージング概論1(もしくは、Overview of Bioimaging 2)から4科目7単位以上を選択する。
但し、バイオエンジニアリング概論1E(Overview of Bioengineering 1)は6分野のいずれの講義としても読み替え可能。したがって、バイオエンジニアリング概論1E(Overview of Bioengineering 1)を読み替えとする場合には、「選択必修科目」は3科目5単位以上を選択すればよい。
4.博士後期課程においては、「必修科目」から4科目20単位を含め計20単位以上を履修しなければならない。
5.修士課程の「選択科目」のうち、人体形態学、人体機能学、病理生態学、臨床医学概論の4科目は、専攻内の選考を経て、履修承認される科目である。
6.修了要件に係る選択科目は、原則としてバイオエンジニアリング専攻の選択科目を推奨するが、特に希望のある場合、他専攻の科目も認める。ただし、自分の専門にかかわる科目でなければならない。

修了要件(令和2年度以降入学者)

本専攻の所要科目は、「必修科目」「選択必修科目」「選択科目」とし、修了のための履修要件は、各コース別に次のとおりとする。

1.修士課程においては、「必修科目」から7科目16単位、「選択必修科目」から4科目7単位以上、「選  択科目」から7単位以上を履修し、合計30単位以上を履修しなければならない。
(In the Master’s Course, students are requested to obtain 30 or more credits to complete the program. First, a minimum of 16 credits (7 lectures) must be acquired through the compulsory subjects. Second, a minimum of 7 credits (4 lectures) must be acquired through the semi-compulsory subjects. And third, a minimum of 7 credits must be acquired through the optional subjects.)
2.修士課程英語コースにおいては、「必修科目」から5科目13単位、「選択必修科目」から4科目7単位  以上、「選択科目」から10単位以上を履修し、合計30単位以上を履修しなければならない。
(In the International Bioengineering Program (G30-IBP), students are requested to obtain 30 or more credits to complete the program. First, a minimum of 13 credits (5 lectures) must be acquired through the compulsory subjects. Second, a minimum of 7 credits (4 lectures) must be acquired through the semi-compulsory subjects. And third, a minimum of 10 credits must be acquired through the optional subjects.)
3.「選択必修科目」として、6分野の概論(メカノバイオエンジニアリング概論1(もしくは、Overview of Mechano Bioengineering 2)、Basic BioelectronicsおよびOverview of Bioelectronics、バイオデバイス概論1(もしくは、Overview of Biodevices 2)、Overview of Chemical Bioengineering、バイオマテリアル概論1(もしくは、Overview of Biomaterials 2)、バイオイメージング概論1(もしくは、Overview of Bioimaging 2))から4科目7単位以上を選択する。但し、バイオエンジニアリング概論1E(Overview of Bioengineering 1)は6分野のいずれの講義としても読み替え可能。したがって、バイオエンジニアリング概論1E(Overview of Bioengineering 1)を読み替えとする場合には、「選択必修科目」は3科目5単位以上を選択すればよい。
(For the semi-compulsory subjects, students are requested to obtain 7 or more credits (4 subjects) among of the six research area of the department (“Overview of Mechano Bioengineering 2”) (or メカノバイオエンジニアリング概論1), “Basic Bioelectronics and Overview of Bioelectronics”, “Overview of Biodevices 2” (or バイオデバイス概論1), “Overview of Chemical Bioengineering”, “Overview of Biomaterials 2” (or バイオマテリアル概論1) or “Overview of Bioimaging 2” (or バイオイメージング概論1).
However, (Overview of Bioengineering 1) (or バイオエンジニアリング概論1E) is able to be regarded as a subject of any six research area. Therefore, if students take (Overview of Bioengineering 1) (or バイオエンジニアリング概論1E), 6 or more credits (3 subjects) must be acquired through the semi-compulsory subjects.)
4.博士後期課程においては、「必修科目」から4科目20単位を含め計20単位以上を履修しなければならない。
(In the Doctoral Course, students are requested to obtain 20 or more credits including the 4 subjects : “Bioengineering Seminar 2 (A)”, “Bioengineering Seminar 2 (B”), “Advanced Experiments on Bioengineering 2”, and “Advanced Research on Bioengineering 2”.)
5.修士課程の「選択科目」のうち、人体形態学、人体機能学、病理病態学、臨床医学概論の4科目は、専攻内の選考を経て、履修承認される科目である。
(To take the four semi-compulsory subjects such as “Human Anatomy”, “Human Physiology”, “Human Pathology” or “Overview on Clinical Medicine”, students should be admitted in advance through the selection in the department. (Japanese Only) )
6.修了要件に係る選択科目は、原則としてバイオエンジニアリング専攻の選択科目を推奨するが、特に希望のある場合他専攻の科目も認める。ただし、自分の専門にかかわる科目でなければならない。
(We recommend taking the optional subjects organized by the Department of Bioengineering. We may allow students to take subjects organized by other departments, but in that case, the subjects should be related to your research.)

TOP

授業科目の単位

授業科目名 単位数
学期 講義 演習 実験
修士課程(必修科目)
バイオエンジニアリング輪講第1(A)
(Bioengineering Seminar 1 (A))
S1S1 1
バイオエンジニアリング輪講第1(B)
(Bioengineering Seminar 1(B))
A1A2 1
バイオエンジニアリング特別実験第1 通年 6
バイオエンジニアリング演習第1 通年 4
Bioengineering exercise for social implementation 1 S1S2 1
バイオエンジニアリング夏季実験A S2     1
Basic Biology A1A2 2  
修士課程英語コース(必修科目)
Bioengineering Seminar 3 (A) S1S2 1
Bioengineering Seminar 3 (B) A1A2 1
Presentation and writing in bioengineering A1A2 1
Advanced Experiments on Bioengineering 5 通年   6
Advanced Research on Bioengineering 5 通年 4
修士課程共通(選択必修科目)
バイオエンジニアリング概論第1E
(Overview of Bioengineering 1)
A1A2 2
メカノバイオエンジニアリング概論1 S1S2 2
Overview of Mechano bioengineering 2 S1S2 2
Basic Bioelectronichs S1 1
Overview of Bioelectronics S2 1
バイオデバイス概論1 S1S2 2
Overview of Biodevices 2 S1S2 2
Overview of Chemical Bioengineering S1S2 2
バイオマテリアル概論1 S1S2 2
Overview of Biomaterials 2 S1S2 2
バイオイメージング概論1 S1S2 2
Overview of Bioimaging 2 S1S2 2
修士課程共通(選択科目)
再生医工学特論 S1S2 2
バイオデバイスの基礎技術 S1S2 2
プロテインエンジニアリング S1S2 2
Advanced Biomaterials A2 1
Advanced Biodevices A1A2 2
バイオマニピュレーション工学 S1S2 2
ブレイン・エレクトロニクス S1S2 2
バイオ電子工学特論 A1A2 2
医用精密工学 S1S2 2
応用マイクロ流体システム A1A2 2
生体組織工学・人工臓器学特論 A1A2 2
バイオマテリアル特論 A1 1
バイオ画像工学特論 A1A2 2
Biological Reaction Engineering 1 S1S2 2
人体形態学※ 医工共通教育プログラム S1 2
人体機能学※ 医工共通教育プログラム S1 2
病理病態学※ 医工共通教育プログラム S1 2
臨床医学概論※ 医工共通教育プログラム S1 2

 

Radiation Biology S1 2
医工学概論 A1A2 2
Presentation and writing in bioengineering A1A2 1
生体信号処理特論 A1A2 2
博士後期課程(必修科目)
バイオエンジニアリング輪講第2(A)
(Bioengineering Seminar 2(A))
S1S2 1.5
バイオエンジニアリング輪講第2(B)
(Bioengineering Seminar 2(B))
A1A2 1.5
バイオエンジニアリング特別実験第2 通年 10
バイオエンジニアリング演習第2 通年 7
博士後期課程(選択科目)
Bioengineering exercise for social implementation 2 S1S2   1
バイオエンジニアリング概論第2E
(Overview of Bioengineering 2)
A1A2 2
バイオエンジニアリング夏季実験B S2 1
Biological Reaction Engineering 2 S1S2 2
Radiation Biology S2 2

TOP